奥村まさよしさん

 こんにちは、“愛想笑いをやめた記者”、立憲民主党の、参議院東京選挙区の予定候補の、山岸一生です。

 東京都の選挙区で、参議院議員選挙に初挑戦する予定です。

 ここのところ、立憲民主党都連パートナーズ集会、新宿駅での「令和デモクラシー緊急街宣」など大きなイベントが続いていて日課のスピーチの練習も声が大きくなりがちです。山岸一生です。

6月27日・木曜日の山岸一生のご報告

朝の福生駅

 東京都福生市の、福生駅で朝のご挨拶をいたしました。

お昼の車上からのご挨拶

 全ては回りきれませんでしたが、東京都青梅市、東京都昭島市、東京都福生市、東京都あきる野市、東京都羽村市、東京都西多摩郡で主に車上からご挨拶いたしました。

市民の皆さんとの交流会

 市民の皆さんと、交流会、対話集会を行いました。

夕方の池袋駅

 東京都豊島区の池袋駅西口で、街かどスピーチをいたしました。

 ここで、お詫びのご報告をしなければなりません。

 夕方の池袋に、わざわざ私、山岸一生の話を聞きに来てくれた若い方がいらっしゃいました。

 ですが、山岸一生、今週は月曜日の後楽園ホールでの立憲パートナーズ集会、水曜日の新宿駅での令和デモクラシー緊急街宣と、多くの皆様にお話しする機会をいただき、力みすぎました。

 今日は一日、声がかれてしまいました。

 そのため満足にマイクを握ることができず、ご期待を裏切ってしまいました。

 衆議院東京10区の鈴木庸介 さん、豊島区議の川瀬さなえさんのマイクリレーで助けていただき、事なきを得たとはいえ、「体調管理は自分の責任」。

 かみしめていきます。

 今日の方に「もう一度足を運んでみよう」と思っていただけるように、努力します。

 やってみてよく分かります。

 演説は、「技」ではない。自己をひたすら掘り下げる「心」の作業です。

 どうかもう一度、あなたと心が通じますように。

朝日新聞の折り込み広告

 今朝の東京都の朝日新聞の折り込み広告に、「山岸一生新聞」を出しました。

 Twitterで多くの方に「折り込み広告で山岸一生新聞が入っていた!」とのお声をいただいて嬉しかったです。

 ありがとうございます。

6月28日・金曜日の山岸一生のご案内

朝の東久留米駅→中止

 午前7時から午前9時まで、東京都東久留米市の、東久留米駅西口で朝のご挨拶をする予定でしたが、台風による荒天が見込まれたため、中止といたしました。

 この時間帯に最も荒天が予想されるとのこと、皆さま気をつけて、通勤、通学なさってください。

立憲カフェ@たちかわ

 午後1時から午後2時30分まで、東京都立川市で行われる「立憲カフェ@たちかわ」に参加いたします。

立憲カフェ@たちかわ

 テーマは「香害」。

 講師は、立憲民主党の仲間の若林ともこさん。

 大河原まさこさんとご一緒します。

 その後は、街かどスピーチも行いたいと思っています。

長妻昭さんの国政報告会

 午後6時30分から、東京都中野区の中野ゼロホールで行われる長妻昭さんの国政報告会でご挨拶いたします。

山花郁夫さんの国政報告会

 午後7時から、東京都調布市の調布市文化会館で行われる山花郁夫さんの国政報告会でご挨拶いたします。

山岸一生新聞・電子版

奥村まさよしさんと

山岸一生新聞、奥村まさよしさんと

エプロン姿で保育の声を

 元ラグフェアーの「ボイパのおっくん」で知られる奥村まさよしさんと、元朝日新聞記者の山岸一生さんが語り合いました。

奥村まさよしさん×山岸一生

奥村まさよしさんと対談

山岸一生「今日の服装はエプロンですね」

奥村まさよし「仕事着です。保育現場に8年間いた経験を訴えていきたい。駅頭でもこの服を着てタスキをかけてしゃべっています」

一生「保育の問題、街頭での反応は?」

奥村「お子さんを連れたお母さん方の反応、『がんばってください』というのが多くて。特に待機児童問題です。その一つの原因が、慢性的な保育士不足。東京では求人倍率が7倍を超える状況が続いている。全国的にも右肩上がりです。保育士の先生が自分たちの問題として声を上げること、なかなか今までなくて、その代表者として国会に挑もうということで、この服を戦闘着としてきながら戦っています」

一生「立憲民主党は、何らかの『当事者』が直接参加するチャレンジをしています。保育の当事者として何を一番訴えたいですか」

奥村「現場の先生がた、本当に保育が好きです。でも賃金の問題、長時間労働、休みが取れない。保育は長い間お子さんの命を預かり、成長を見守り、親御さんと次の世代を担う子供たちを育てる、本当に大事な役割です。先生たちが環境が悪い、待遇が悪いという理由で辞めていく、社会の悪循環を断ち切りたい」

一生「ラグフェアーの『ボイパのおっくん』が印象に残っています。ボイスパーカッションは、存在しない楽器を口で表現します。政治も、今はまだ存在していないが、みんながなんとなく思っていることを、言葉で形にしていく作業。ボイパと政治の共通点は?」

奥村「ボイパって、いろいろな音をつなぐ『接着剤』にあたるもの。ボーカルがいてコーラスがいて、ベースボーカルがいて、ボイパが音をつないでいく。『つないでいく』役割を、これから政治でやっていきたいですね」

ニュース編

 今日のニュースはこちら

 前川喜平元文部科学省事務次官が、実名ツイートを開始したとのニュース。

 「空気を変えよう」という方は、ここにも。

映画「新聞記者」

映画「新聞記者」

 通りかかった新宿ピカデリーに映画「新聞記者」の巨大看板が!

 明日公開です。

 私、山岸一生の畏友「空気を壊す記者」望月衣塑子さん原案です。

 観たいけど時間がない!どうしよう!

山岸一生より

 ブログは毎日早朝に更新することにしたら、朝、会社や学校に通勤、通学なさる方が、電車やバスの中で読んでくださるかもしれない、というアドバイスをいただきました。

 ブログは、更新の時間設定もできるので、更新時間の設定は自由自在。

 更新のお知らせは、スタッフにTwitterやFacebookに投稿してもらえます。

 早速、今日は早朝に更新してみることにします。いかがでしょうか。

 毎日、試行錯誤ですが、私、山岸一生の思いが皆さんに届くように考えたいと思います。

 梅雨前線や台風で、大雨の地域もあるようです。

 ニュースで映像を見ましたが、高知県、沖縄県といった、私、山岸一生が新聞記者時代にご縁をいただいた地域でも大雨が降ったとのこと。

 被害が無いことを祈るばかりです。

 それでは、立憲民主党から、参議院議員選挙に、東京都の選挙区で挑戦する予定の、山岸一生でした。