こんにちは、立憲民主党の、参議院東京選挙区の予定候補の、山岸一生です。

 最近の日課は、毎晩、お風呂に入りながら「明日、皆さんに何をお伝えしようか。」と考えながら演説、スピーチの練習をすることです。

 最初は小声でやっているのですが、だんだん声が大きくなってきてしまい、山岸一生の妻に「うるさいよ」と怒られるまで含めて日課になってきました。

6月21日・金曜日の山岸一生のご報告

朝の三鷹台駅

 東京都三鷹市の、京王井の頭線の三鷹台駅で朝のご挨拶をいたしました。

 山花郁夫さん、三鷹市議会の高谷真一朗さん、小幡和仁さん、三鷹市のお隣の武蔵野市議会から深沢達也 さん、そして、山岸一生を支えてくださるボランティアのみなさんと。

 昨日のブログでもお伝えしたように、何を隠そう、三鷹台は、私、山岸一生が20年間、ご縁をいただいてきた街です。

 この駅から自分も毎日高校に通っていたことなどを思い出しながら、皆さまに「いってらっしゃい」のお声がけをしました。

 自分が育った想い出の街で、皆さまにご挨拶をするのは、やっぱり落ち着きました。

三鷹台駅でご挨拶

夕方の調布駅

 東京都調布市の、京王線調布駅で、街かどスピーチをいたしました。

明日、6月22日・土曜日の山岸一生のご案内

お昼の立川駅

 午前11時から午前12時まで、東京都立川市の立川駅で、街かどスピーチをいたします。

羽村市で立憲パートナーズ集会

 午後2時、14時から、東京都羽村市生涯学習センター「ゆとろぎ」(東京都羽村市緑ヶ丘1-11-5)で行われる立憲パートナーズ集会に出席いたします。

ボランティアの皆さんとの交流会

 午後5時、17時から、ボランティアの皆さんとの交流会をいたします。

 私、山岸一生を支えてくださるボランティアの方とお話しできることを楽しみにしております。

山花郁夫衆議院議員の国政報告会

 午後6時30分、18時30分より東京都三鷹市の、三鷹市市民協同センターで行われる山花郁夫衆議院議員の国政報告会に出席いたします。

オープンボランティアデー

 明日、6月22日・土曜日・午前10時より、「山岸一生オープンボランティアデー」を行います。

 ご参加いただける方は、午前10時に、山岸一生事務所までお越しください。

 また、途中からのご参加も、途中までのご参加も、どちらも喜んで歓迎いたしますので、どうぞ気兼ねなくご参加ください。

 お手数ですが、チラシを入れる袋と、熱中症予防にご自身の飲み物をご用意ください。

 私、山岸一生も午後5時頃に合流いたしますので、交流会ができればと思います。

 山岸一生事務所の場所、連絡先はこちらです。

東京都武蔵野市中町一丁目13番2号 村越ビル5階

電話:0422-54-6201

 また、詳しい場所は本日の「山岸一生新聞」をご覧ください。

山岸一生新聞・電子版~山岸一生事務所へ、ようこそ

山岸一生新聞、事務所案内

 山岸一生さん(37)が支部長の「立憲民主党東京都参議院選挙区第4総支部」の事務所ができました。一生さんが紹介します。

JR三鷹駅北口・徒歩1分

 「山岸一生が皆様の前で自己紹介させていただいてから、そろそろ1か月。今週から、本格的に事務所を構えて活動しております。

 交通の拠点、JR三鷹駅から徒歩1分の好立地。ボランティアの皆さん、自治体議員の皆さんだけでなく、「ちょっと近くまで来たよ」と顔を見せてくださる方も大歓迎です。21日には初めて、「買い物のついでに」と杉並から立ち寄っていただいた方もいらっしゃいました。

 ただなにぶん小所帯のため、十分なお構いもできません。留守をしていてご迷惑をおかけするかもしれません。お越しの際はどうぞお電話をいただけますと助かります。

 「みんなで政治の空気を変えよう」、明るいメッセージを発信できる拠点にしていきます。皆さんでこの事務所を育ててください。」

ニュース編

 今日は、久しぶりに、山岸一生が分析するニュース、もお届けします。

 今日のニュースはこちら

 今度は財政審が、年金の給付水準低下を「削除」か。

 不都合な真実を片っ端から削除して、残るのは国民の不安だけ。

 現政権による「安心詐欺」を止めさせましょう。

 それにしても、この報道、財務省の良識ある官僚がいてもたってもいられず、朝日新聞の記者に話したのでしょうか。

 官邸の犯人捜しに負けないでほしい。

 いずれ、こんなおかしな「空気」は変わります。

 いや、ご一緒に変えましょう。

山岸一生、雑記

 昨日のブログでお伝えした「山岸一生事務所でプチイベント」は、実は、このブログで何度か(むしろ、結構)登場している、山岸一生の中学入学以来、25年間親しくしている先輩が、事務所に来てくれることでした。

 先輩は、ボランティアの皆さんを「ボランティア」と呼ぶより「一生パートナーズ」とお呼びしてみては、なんていう案を出してくれましたが、いかがでしょうか。

 一生パートナーズ。
 よろしかったら、明日の交流会や、Twitterのリプライでご意見をうかがえればと思います。

 聞こえない方もいらっしゃるのだから、ブログや新聞に電話番号しか書いていちゃダメで、ファックス番号も載せないといけないぞ、なんていうアドバイスもいただいたり。

 ちなみに、今日のブログの冒頭の写真は、先輩が撮ってくれたもの。

 先輩には「お土産」に、山岸一生のポスターをお渡ししました。

 貼ってくれているかな。

 それでは、立憲民主党の、参議院東京選挙区の予定候補の、お風呂でスピーチを練習して妻に怒られる、山岸一生でした。