6月16日のご挨拶

 こんにちは、立憲民主党の、参議院東京選挙区の予定候補の、山岸一生です。

6月16日・日曜日の山岸一生のご報告

 今日は、車上から皆さんにご挨拶をしたり、各所で街頭スピーチをしたりしました。

 東京都国立市、東京都昭島市、 神奈川県川崎市麻生区 、 東京都多摩市で街頭スピーチをしましたが、どこも多くの方に迎えていただきました。

 特に後半は、日曜日の夕方に、家路を急ぐなかで、本当に多くの方にチラシ、名刺を受け取っていただきました。

 ありがとうございました。

 立憲民主党と山岸一生はご期待を形につなげてまいります。

明日、6月17日・月曜日の山岸一生のご案内

朝の池袋駅

 午前7時から、東京都豊島区の池袋駅東口で、朝のご挨拶をいたします。

夕方の国分寺駅

 午後5時、17時から、東京都国分寺市の国分寺駅北口で、街頭スピーチを行います。

山岸一生のボランティアに興味をお持ちの方との打ち合わせ

 午後7時、19時から、山岸一生のボランティアに興味をお持ちの皆さんと、打ち合わせ、ご案内を行います。

 開催場所は、山岸一生事務所までお問い合わせください。

 山岸一生事務所電話番号:0422-54-6201

 メールアドレス:info☆yamagishi-issei.jp
(恐れ入りますが、迷惑メール防止のため、メールを送信される際は、アドレスの「☆」を「@」に変えてご入力ください。)

山岸一生新聞・電子版~「腹八分、腹六分の精神」

山岸一生新聞6月16日号

 今日から、「山岸一生新聞」の“電子版”として、ブログにも掲載してみようと思います。

翁長雄志前沖縄県知事の教え

 山岸一生さん(37)が大きな影響を受けたのが、前沖縄県知事の故・翁長雄志さん。

 翁長さんの持論だった「腹八分、腹六分の精神」をかみしめる、一生さんに聞きました。

 「山岸一生は2013~15年、朝日新聞の那覇総局にいました。辺野古問題が大きく動いた時で、14年の知事選に立ち上がったのが翁長雄志・那覇市長でした。翁長さんのベースは「怒り」。強権的に基地を押し付けられ、みな兄弟の沖縄県民が「賛成」「反対」で分断される、不条理への怒りでした。

 翁長さんは元々、自民党の人です。でも、民主党(当時)も共産党も社民党も、一緒にならなければ、巨大な政府には勝てない。だから我慢すべきは我慢して、大きな連帯を目指そう。この考えを表す言葉が「腹八分、腹六分の精神」でした。

 実は翁長さんは、「孤高の人」で、新聞記者にフレンドリーではありませんでした。でも一生はなんとか本音を聞きたいと思って、翁長さんの地元の酒場に、ひたすら通いました。ある時、翁長さんが現れて、「なんだ、あんたか」と一生を手招きしてくれました。

 「殺されてもいいと思っているよ」。それが翁長さんの言葉でした。政府と戦うことへの、悲壮な覚悟でした。「沖縄だけのことだと思っているかもしれないけれど、こんな政治していたら、あんたがたの東京だって、どうなるかわからないよ」。厳しい言葉に、はっとさせられました。

 沖縄から日本、世界を見通していた。翁長さんにかなう人物、今の政権与党にはいません。一生は翁長さんの「勝手弟子」として、初心を貫きます。「腹八分、腹六分の精神」で、大きな連帯を呼び掛けていきます。

 日本のリベラル、負きてぃーないびらんど!」

一生人語

1か月で体重が5キロ減りました。このままでは年末には赤ちゃんに戻ってしまう計算。いかんと思い、近所にそばを食べに行きました▼れっきとしたおそば屋さんですが、ラーメンから餃子、唐揚げ定食までなんでもあります。一生が奮発して「特製天ざる」を頼む間にも、煮込みが、板わさが、次々出ていく▼バラバラなのに、不思議な一体感があります。全員同じ「日の丸弁当」じゃない。だけど餃子も天ぷらそばも同じ時間、同じ場所にいる▼多様性を尊重し、不安なく、しなやかにつながる社会へ。これが新しいリベラル。一生は2019年を「リベラル元年」に。

山岸一生、雑記

 今回の挑戦を機に始めたこのブログ、始めてから今日まで一日も休まず「日刊」を続けて、これが20本目の記事になります。

 昨日の記事でもご紹介した、このブログを徹夜で一晩で作ってくれた先輩から、「ブログは30記事はないと、一人前とはみなしてもらえない。」と教わりました。

 あと10記事、あと10日。

 さらに、「ブログが、50記事、60記事と育てていくと、必ず、山岸一生と皆さんとつないでくれる大きな架け橋になるから、毎日コツコツ育てていくのが大切だよ。」と教わりました。

 60記事になるまで、あと40記事、40日。

 山岸一生を皆さんに知っていただけるよう、このブログや、Twitter、Facebook、山岸一生新聞、そしてなにより街頭でお話ししながらお伝えしていきたいと思います。

 新しい一週間も、皆さんにとって素晴らしいものとなりますように。

 それでは、立憲民主党の、参議院東京選挙区の予定候補の、山岸一生でした。