山岸一生と宇都宮健児さん

 みなさん、こんにちは。

 立憲民主党・衆議院東京都第9区総支部長(衆議院の、東京9区(東京都練馬区)の、現在は野党である立憲民主党の立候補予定者・立憲民主党の公認で、衆議院東京9区に立候補し、候補者になる予定)の、山岸一生です。

2020年・都知事選挙の「争点」は

 今回、2020年の都知事選、「争点」はいろいろある。

 だが私、山岸一生は、問われているのは突き詰めれば、ただ一点だと考える。

「これまでの古い政治家か、ポストコロナの新しいリーダーか」

 私たちが、どちらを選ぶのか、だ。

 小池都知事は、古いタイプの政治家だ。

 ご自身では新しさを演出しているが、違う。

 それをはっきり物語っているのが、ここ数日の、コロナ再流行への発信ぶりだ。

 感染拡大に対する責任は棚に上げて、「夜の街が」「若者が」と繰り返す。

 反論できない人、弱い立場の人を、「敵」に見立て、叩く。

 自らは責任から逃れ、政治的求心力を高めようとする。

 この20年間、日本でも海外でも繰り返されてきた政治ショーだ。

 そうした政治の行きついた先が、米国のトランプ大統領だった。

 でもコロナ禍が明らかにしたのは、こういう政治では危機は乗り切れないということ。

 有権者に誠実でない政治、自分の利権を守るだけの政治では、私たちの命を守れない。

 これまで「強い」と思われていたリーダー像を、一気に陳腐化させたのが、コロナだった。

 小池知事は、残念ながら古いリーダー像にしがみついているように見える。

「夜の街」

 「夜の街」「夜の街」と小池知事は言う。

 でも、「夜の街」で働く人にも、昼の暮らしがある。

 私のいる東京都練馬区には、池袋や新宿の「夜の街」で働く人がたくさんいる。

 その人たちは同時に、「昼の街」で子どもを育て、買い物をし、学校に通っている。

 「夜の街」も「昼の街」もない。

 そこにあるのは「生活」だ。

 ここにいるのは「都民」だ。

 「夜の街」を叩くだけでは、何も解決しない。

 政治家は、コロナ禍から、何を学ぶべきなのか。

 「あいつら」と「俺たち」で線引きをしても、意味はない。

 守るべきは、「みんな」の暮らしだ。

 「みんな」が協力しなければ、乗り越えられない。

 だからそのために都政は、嘘をつかず、説明を尽くし、全力を出し切る。

 これこそ、ポストコロナの東京都知事に求められる資質だ。

 そうしたメッセージを発することができるのが、ポストコロナの新しいリーダー。

 もはや陳腐化してしまった小池都政には、できない。

宇都宮さんの選挙戦最終日の街宣中止

 宇都宮けんじさんは、選挙戦最終日の今日、大型街宣を中止した。

 私はこの決断こそ、象徴的だったと思う。

 何のために、都知事を目指すのか。

 都民の命と暮らしを守るためだ。

 自分のためじゃない。

 今が再流行を防ぐ瀬戸際であることを、誠実に、自らの姿勢をもって示す。

 自分は一歩引いてでも、犠牲を払ってでも、都民を守り抜く。

 まさに、ポストコロナの新しいリーダーの資質そのものだ。

練馬に宇都宮さんを迎えて

 宇都宮さんはこの都知事選挙中、2回、練馬を街頭演説に訪れた。

 そのどちらでも、コロナ禍に苦しむ区民・都民の声に、直接耳を傾けた。

 一人一人に、明確な処方箋を示した。

 パフォーマンスではなく、実績で。

 できないことは言わない。

 だが、言ったことは必ずやり抜く。

あなたの一票が、東京を変える

 宇都宮さんこそ、今の時代が必要としているリーダーだと、私、山岸一生は確信している。

 「新しい」と見えたものが一気に陳腐化し、「古い」と思われたものこそ、真に力強い存在だった。

 コロナ禍が、政治の本質を射抜いている今こそ、政治を変える時。

 私たちは、明日、そのチャンスを手にしている。

 新しい時代の、新しい東京の扉を開けよう。

 明日は、宇都宮けんじさんに一票を。

 あなたの一票が、東京を変える。

 I AM WITH 宇都宮けんじ