久しぶりのご挨拶

 みなさん、こんばんは。

 立憲民主党・衆議院東京都第9区総支部長(衆議院の、東京9区(東京都練馬区)の、立憲民主党の立候補予定者・立憲民主党の公認で、衆議院東京9区に立候補し、候補者になる予定)の、山岸一生です。

衆議院東京9区(練馬区)での久しぶりの街かどでのご挨拶

 本日、2020年5月29日、さきほど、衆議院東京9区、練馬区の石神井公園駅前で街頭演説をさせていただきました。

 東京都でも緊急事態宣言が解除されてから、初めての街頭での活動でした。

 感染防止のため握手は遠慮し、手を振りあってエールを交換。

 多くのあなたの元気なお顔を見られて、私も元気づけられました。

6月の壁

 私、山岸一生は、コロナ禍がもたらす生活危機は、6月からが本番だと考えています。

 4、5月は、「非日常」の空気の中でなんとか、痛みに耐えながらも過ごしてこられた。

 だけど6月から急に「新しい日常」だと言われても、仕事がない、収入がない。

 それなのに、世の中は自分と関係なく、急速に動き出していく。

 あなたの心にも、そんな焦りや不安が、強くなっていませんか?

 私は、「6月の崖」こそ、いま一番、危険だと考えています。

 今求められている政治の役割は、一人でも多くの方に一日も早くお金を届け、「大丈夫、暮らしていける」と感じていただくこと。

 動きの鈍い政府に代わって、野党は提案を続けていきます。

りっけん練馬コロナ相談ダイヤル

 私たちは、「りっけん練馬コロナ相談ダイヤル」を開設しています。

「この給付金は、私には使えないの?」

「ここを変えてもらったら、便利なんだけど」

「誰でもいい、話を聞いて」

 どんなお声でも構いません。

 LINEのチャットから、お気軽にご相談ください。

友だち追加

 あなたの声で、政治は動きます。

 政治が変われば、私たちの命と暮らしを守ることができます。

 いっせいに、声をあげましょう。

 お休みの方も、お仕事の方も、どうぞ皆さん素敵な週末をお過ごしください。

 立憲民主党の山岸一生でした。