空席の経済産業委員会

 みなさん、こんにちは。立憲民主党の山岸一生です。

菅原経済産業大臣辞任

山岸一生新聞、菅原一秀経済産業大臣辞任

政権、末期症状あらわ

菅原氏辞任「危機管理」働かず

 菅原一秀経済産業大臣(衆議院東京9区)が2019年10月25日、辞職しました。

 今回の辞任は、これまでの閣僚辞任とは本質的に異なる、安倍政権の「終わりの始まり」を表しています。

 菅原経済産業大臣は、2019年10月25日午前、安倍首相に辞表を提出しました。

 「メロン疑惑」「香典疑惑」が相次ぎ報じられ、国会審議に耐えられないと判断したためです。

 今回の組閣、私は2019年9月の時点で「極めて内向き」「お友達内閣の原風景」と書かせていただきました

 初入閣した菅原氏や萩生田文部科学大臣らは、これまで入閣できないそれなりの理由があった「問題児」。

 それが安倍首相や菅官房長官に「近い」だけで、入閣する。

 人物本位、能力本位の組閣をする力が失われている、と感じたためです。

 まさに今日、その通りの結果となりました。

 本来、幹部にしてはいけない人を「コネ採用」してしまい、失敗する。民間企業でもある話ですが、それをやってしまったのです。

 私は、安倍首相の力が落ちていることの表れだと思います。

 菅原前経済産業大臣は、安倍首相ではなくて、菅官房長官に近い人です。

 首相の力が強ければ、周りが危ない人を推薦してきても、突っぱねることができる。

 しかし首相の求心力が低下していくと、「ちょっと危ないな」と思っても、「菅さんを怒らせたくないな」と採用せざるを得なくなってしまう。

 それが、この大甘人事につながったのではないでしょうか。

 その後の対応にも問題があった。

 問題が起きればすぐに切る、これが安倍政権の危機管理のポイントだったはずです。

 2017年、今村雅弘復興大臣が「(震災が)あっちのほう(東北)で良かった」と発言したとき、首相はわずか1時間で首を切りました。

 ところが今回、国会審議がいよいよ行き詰まるまで、首相は目立った対応を取れませんでした。

 「菅案件」だったからです。

 任命の甘さ、見切りの遅さ、どちらを見ても、今回の閣僚辞任は、これまでの辞任とは違います。

 政権が本格的な末期症状、「レームダック」に入ったことを示しています。

 さらに、「ポスト安倍」の筆頭だった菅官房長官も、この辞任劇は直撃します。

 菅さんは菅原さんの「親分」だったのに、早いタイミングで引導を渡すことができなかった。

 危機管理に失敗したのです。

 自民党からも官僚からも恐れられてきた菅さんが、果たして本当に、次期政権を率いる能力があるのか。

 自民党内でも、疑問が広がるでしょう。

 「ポスト安倍」をめぐって動揺が走れば、駆け引きが加速し、政権はさらに弱体化します。

 菅さんは権力維持に躍起になるでしょうし、そうなれば、強権ぶりへのさらなる反発は避けられません。

 私は組閣時に、この内閣を「国民にとって不幸」と指摘しました。

 今回の辞任を受けて、政権運営は、安倍首相にとっても菅官房長官にとっても、権力維持だけを目的とした「内向き」の度合いをさらに強めるでしょう。

 許してはなりません。

 菅原経済産業大臣の辞職をめぐり、「首相が更迭を決断」という解説が出始めています。

 失策を「英断」で覆い隠す虚飾は、この政権の常套手段。

 菅原さんは、遅かったとはいえご自分で幕を引いた。

 「政治家の決断」です。

 菅原さんの刑事責任、政治責任はとことん追及すべきです。

 ですが、それに便乗して「水に落ちた犬を叩く」政権の狡猾さこそ、私は許せない。

 野党であっても。

 安倍政権が「あいつはひどいやつだから、こっちから切ったんだ」という無責任な「英断ストーリー」を作ることにも、菅原さんの責任以上に監視の目を向ける必要があると思います。

    ■

 私、山岸一生はこのほど立憲民主党「つながる本部」コミュニケーション担当に就任しました。

 立憲民主党「つながる本部」コミュニケーション担当として、政治の動きについて様々な形でレポートしていきます。

 「山岸一生新聞」も、続けます。

 一日も早い政権交代を目指し、あなたと「つながる」活動をしていきます。

あなたと山岸一生がお会いするイベント

東京都杉並区議の山本明美さんの茶話会でお話しをしました

 昨夜は、東京都杉並区議の山本明美さんの茶話会でお話しをしました。

 「『理念』でつながる野党は100のうち99一緒でも、1つ違えばケンカしてしまう。『利権』でつながる安倍政権は100のうち99違っても、1つ同じならまとまっちゃう。私は粘り強くつながっていきたい」

 100すべて一緒でなくても、共有できることを1つずつ増やして、地道に輪を広げていきたい。

松尾あきひろさんの勉強会でお話をします

山岸一生と松尾あきひろさん

 2019年10月31日・木曜日・午後7時から、立憲民主党・衆議院東京2区総支部長の松尾あきひろさんの勉強会でお話しをします。

 テーマは「メディアと政権」です。

 会場は、東京都文京区の「本郷三丁目レンタルスペースAlbo 3階 セミナールーム」です。

 予約制になっています。参加費用は100円です。

 詳細は、立憲民主党・衆議院東京2区総支部長の松尾あきひろさんのウェブサイトをご参照ください。

山岸一生の編集後記

 今日の東京は、大変な大雨でした。

 先日の台風で大きな被害を受けたばかりの千葉県でも、またかなりの雨量があったようです。

 私がこのブログの記事を書いている今は、東京の雨は止んできました。

 ですが、雨雲は茨城県、福島県、宮城県と進んでいく予報です。

 いずれも、つい先日の豪雨で大きな被害があった地域です。

 被害が拡大しないことを願うばかりです。

 それでは、立憲民主党「つながる本部」のコミュニケーション担当の、山岸一生でした。